間宮です!

自作小説の更新情報&パスワード送付報告、管理人からのお知らせブログ

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご報告ありがとうございます

樹様

ご報告してくださって本当にありがとうございます。
おっしゃるとおり、下フレームのメニュー画面は正常なのに、上フレームのTOP画面が文字化けしていました。
メニューからTOPに入り直すと、正常な画面になるのに・・・・。
INDEXからTOPに入ってビックリされた皆様、すみませんでした。
本日、不具合(TOPの文字化け)を修正いたしました。
そしてサイト全体をフレーム無にして『TOP、NOVELS TOP、LINK』は上下部に、『各小説TOP、投票(vote)』は下部に、それぞれリンクメニューを入れました。
Firefox でも Explorer でも正常に動作するのを確認しましたので、大丈夫! と思います。



私、先日TOPの不具合を修正したところでしたので、安心しきってて・・ブログの方に力を入れておりました。
メールをいただいて慌ててサイトを確認して「なんで!?」と一瞬パニックになってしまいましたが、何とか修正できてホッとしております。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
何かありましたら、またお知らせください。
スポンサーサイト

| さんくす♪・感謝! | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【詩】 詩ってなんだろう

この本は、『詩ってなんですか?』という問いには、詩そのもので答えるしかないと思った著者が書き上げました。
「自分の考え方の道筋に沿って詩を集め、選び、配列し、詩とは何かを考えるおおもとのところをとらえたいと願ったのです」(あとがきより)
著者の詩はもちろん、他の方々の詩がたくさん紹介されています。


「おはなし会」のときに、4年生で『とる』(川崎洋:作)をしました。
私が一度、全文を読んでから「同じ『とる』でも、いろんな意味があるね。じゃあ今度は皆も一緒に言ってみよう。・・・私が先に読むから、続きを言ってね」と説明して始めました。
 (私)「はっけよい」 (児童)「すもうとる」
 (私)「こんにちは」 (児童)「ぼうしとる」
 (私)「てんどんの」 (児童)「でまえとる」
 (私)「セーターの」 (児童)「ごみをとる」・・・・・
一度読んだだけなのに、児童達はスラスラと続きを言ってくれます。
連想しやすい言葉だからかもしれませんが・・それにしても凄いです!
担任の先生も目を丸くして感心されていました。

 (私)「たんじょうび」 (児童)「としをとる」・・・
このとき、児童達はクスクス笑いながら(一部の児童は担任の先生の顔を見ながら)言ってました。
とても楽しかったです。

あと・・2年生では『かきくけこのかたいこと』(まど・みちお:作)をしました。





  谷川 俊太郎 編著
  出版:筑摩書房
  発行:2007年

| オリジナル恋愛小説 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Book marks

| その他 | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【おはなし】 ふうふうぽんぽんぽん

むかしむかし ある山のお寺に、くいしんぼうで けちんぼな おしょうさんがいやはった。
ちんとんさんに見つからんように、いうてはばかりに隠れて、あまさけ飲みはった・・・・・・
京都の昔話。


京言葉が、文章全体をとても柔らかく感じさせてくれます。
他の人のを聞いて、私も語りたいと思って覚えました。
おしょうさんvsちんとんさんの、ゆかいな攻防戦が本当に面白くって・・・
学校では担任の先生も、児童達と一緒になって笑ってくれます。
子ども達ははばかり(昔の便所)という言葉を知らないので、いつも「ねぇみんな、『はばかり』って知ってる?」と・・言葉の説明をしてから語っています。

私は、自分が語る「おはなし」の出典本を購入しているんですが・・この本は出版社に「無い」と言われ、ネットで捜しまわって・・・やっと購入(2年前に)できました。
本の入手は困難だと思われますので、まずは近くの図書館に行って読んでみてください。
いつかこの本が、再び、たくさん出回ることを願っています。
 (学校の先生にも「どこで売ってますか?」って聞かれるんです・・)




ふうふうぽんぽんぽん (日本の昔話)
  出典:ふうふうぽんぽんぽん ぼくとわたしのみんわ絵本
  所要時間:(私が語って)5~6分

  水谷 章三 文
  杉浦 範茂 絵
  鳥越 信 監修
  松谷 みよ子 監修
  出版:童心社(1982年、第一法規出版刊の改訂版)
  発行:2000年

| オリジナル恋愛小説 | 17:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テンプレートを変更してカスタマイズ! おまけに・・

テンプレートを変更して、カスタマイズしました。
  横カレンダーをつけたり、
  リンク文字の色を変えたり、
  自分で作った画像を入れたり・・
おまけにファビコンまで作りました。 maruma.gif
 (これの小さいのがアドレスの前とタブの所にあるから、↑ 見てね♪)



テンプレート配布元のMY CSS DESIGN様、ありがとうございました。
カスタマイズ方法など参考にさせていただいて、とても助かりました。
しばらくは、このテンプレートでいこうと思っています。

| 仕様変更 | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【絵本】 もくもくやかん

何日も何日も雨が降らず、大地が干あがっていたときのこと。
やかん、ポット、じょうろ、きゅうすが集まって・・・さてさて、何が起きるのかな?


2年生で読み聞かせをしました。
やかんが「ちゃっぽん ちゃっぽん・・・・・」と走ってくるところから話が始まります。
彼ら(やかん達)が体をほぐして大きく息を吸いだすと、児童達は何が起きるのかと興味津々。
「とめて。」「うっ」の顔の表情と同じように息を止める子、くすくす笑い出す子。
そして彼らの目的が明らかになったとき、ほわわんとした温かい気持ちになります。
雨って、いいな~ と思えてくる絵本です。





  かがくい ひろし 作
  出版:講談社
  発行:2007年

| オリジナル恋愛小説 | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絵本の読み聞かせ

小学校の図書支援で「絵本の読み聞かせ」をすることになったときは、
わりとスムーズに立ち上げられました。

校区内には図書館の「おはなしボランティア」のメンバーが6人、
「絵本ボランティア」のメンバーが1人、居られました。
その7人と、PTAや地域の方(関心を持たれている方々)で構成されています。

最初は図書館の司書や館長に来ていただいて、本の補修の仕方を教わりました。
その後は自分達で補修をしています。
月に1回、8時30分~45分の間、メンバーが各教室に入って読み聞かせ(朝読み)をしています。
絵本だけじゃなく、詩や手遊びなども入れています。





「朝読み」した絵本の紹介は此方。
おはなし&絵本の部屋ロゴ


私が語っている「おはなし」の出典本や「朝読み」で使った絵本だけでなく、
仲間が使っている(あるいは使ったことのある)本も紹介しています。

注) リンクは、此方からの一方通行です○ま


| その他 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ストーリーテリング」とは・・・

あまり耳慣れない言葉だと思いますが「素話・語り聞かせ」などといわれています。
お話を覚え込み、本を見ず、子どもたち(聞き手)の目を見ながら語り聞かせることです。
アメリカやイギリスなどではプロのストーリーテラーもいて、広く知られています。



私は図書館の「おはなしボランティア」として、平成17年(2005年)に2ヶ月間にわたる養成講座の講習を受け、同年11月に結成されたメンバーの一員です。
「ストーリーテリング」を基本に活動しています。

「昔話は、昔の人々が今の人に残してくれた宝物。昔話の中には、私たちが生きて行くために欠かせない、大切な何かがある」
・・・この思いを胸に私たちは、その大切な昔の人からの贈り物を、一人でも多くの子どもたち、また、お話を聞いてくださる方々に届けたいと思っています。
「お話を聞く」という事の少なくなった今、私たちの活動が、少しでもその手助けになればと思います。






「おはなし」や、出典本の紹介は此方。
おはなし&絵本の部屋ロゴ


私が語っている「おはなし」の出典本や「朝読み」で使った絵本だけでなく、
仲間が使っている(あるいは使ったことのある)本も紹介しています。

注) リンクは、此方からの一方通行です○ま


| その他 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【おはなし】 たにし長者

子どもの居ない おじいさんとおばあさんが、
田んぼの水神様に「たにしでも、かえるでもいいから・・」と願掛けをすると
水神様が現れて「これを授けるから大切に育てよ」と、二人は一つのたにしを授かった。
それを大切に持ち帰り、いつか手や足が出て子どもになると信じて大事に育てるけれど、
やっぱり「たにし」は「たにし」のまま。いっこうに子どもになる気配もみえなくて・・・・・・
岩手県の昔話。


この話を語ろうと決めたときに、いろんな「たにし長者」の話を読み比べてみました。
『おばあさんが産気づいて、たにしを産む』とか、
『たにしが単独で、馬にくっ付いて長者様の家に行く』とか・・
本によって、微妙に違っていました。
そして・・・私が語っているのは『おはなしのろうそく』に入っている「たにし長者」です。




たにし長者 (日本の昔話)
  出典:「ながずね ふとはら がんりき」愛蔵版おはなしのろうそく4
  所要時間:(私が語って)13分

  東京子ども図書館 編
  出版:東京子ども図書館
  発行:2000年

| オリジナル恋愛小説 | 11:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご報告ありがとうございます

クロネコ 様
おっしゃるとおりでした。サイトを確認してみたところ、Powered by FC2.com だけ!15
もう驚いたのなんのって・・・
こちらこそ、すみませんでした。
ちゃんと直しましたので、もう大丈夫♪
教えていただいて、ありがとうございます。



そして・・TOPに入れなかった他の皆様方へ。
本当にすみませんでした。
また何か有りましたら、教えてください。よろしくお願いいたします。
    間宮じゅん1

| さんくす♪・感謝! | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【絵本】 かずあそび ウラパン・オコサ

題名どおり、数で遊べる絵本。
『1はウラパン、2はオコサ、と数える』というのがルール。
それと『3以上のものを数えるときは、先にオコサから数える』のが2つ目のルール。
「さあ はじめよう」で、1(ウラパン)と2(オコサ)だけで数える世界が始まります・・。


4月の入学式では1年1組で、5月の『朝読み』では1年2組で読み聞かせをしました。
児童達の顔も見ながらルールの説明をし、「さあ はじめよう」と始めると
最初は恥ずかしがって小さな声で数えていた児童達が、
数が増える毎に、だんだんと大きな声で数えてくれるようになりました。
(『オコサ』は指2本で絵を、『ウラパン』は指1本で絵を押さえていきました)
「オコサ、オコサ、オコサ、ウラパン!」と・・・
皆が声をそろえて一体となり、とても楽しい時間を過ごしました。





  谷川 晃一 作
  出版:童心社
  発行:1999年 
  【日本絵本賞(第5回)】

| オリジナル恋愛小説 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かよちゃん様

パスワードを送付いたしましたが、エラーで帰ってきました。
恐れ入りますが、管理人までご連絡ください。

| メールError報告 | 14:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛しい人 -イトシイヒト-

いつもありがとうございます、間宮です。
「出会い/恋?/自覚」(5.尚吾) をアップしました。
どうぞお楽しみください。
長い間、お待たせしてすみませんでした。『愛しい人』半年ぶりの更新です・・12

| 更新情報 | 11:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

bitter&sweet

間宮です、いつもありがとうございます。

「愛する人と共に」(11)(その後)をアップしました。
漸く Wedding顛末記 完結です♪
楽しんでいただけたら嬉しいです。4



別々に生活してきた者同士が、共に生活していく・・・価値観や意見の違いがあるのは当然のことですよね。
この2人は何か起きる度に、ぶつかり合って話し合って・・そうして未来を切り開いていくことと思います。
今後は妊娠中の話・子供の話を書いていく予定です。
でも・・・明日からは更新停滞中作品の続きを書きますので、しばらくお待ちくださいませ。

| 更新情報 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

管理人へメールを送る

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

| オリジナル恋愛小説 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。