間宮です!

自作小説の更新情報&パスワード送付報告、管理人からのお知らせブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「拍手」&「読んだよ♪」お返事

間宮です。
いつもありがとうございます♪
拍手コメントのお返事です 3


ケイト様
いつもコメントしていただき、ありがとうございます。
二人のキスといえば、あの映画館での“掠めるようなキス”で・・・・数の内に入るかといえば、微妙なトコロです。
 (裕美は全く気づいてなかったし、何も知らないし)
あまりにも初心者な裕美に対して、「急がなくても、ゆっくりと進めていけばいい・・」と考えていた稔。
本当に大切にしていたのに、あんなことが起きてしまって・・・生まれて初めて『腸が煮えくり返るような思い』をしました。
これからは裕美の速度に合わせて、それなりに(?)関係を進めていくことでしょう。
ちなみに。
稔は、一通りのことは全て経験済みです。
手も繋がなかったし、甘い言葉も囁かなかったし、マメに電話もメールもしなかったんですが、彼女から誘われれば・・・・という感じでした。(受身というか、人任せというか、何というか・・)
「こういうことをしていれば、相手のことを好きになれるかな・・」という稔に対し、相手は「冷たい」やら「こんな人だなんて思わなかった」やらと文句を言い・・・・いつも別れ話は彼女の方からで、互いに傷ついて終わってしまう・・・・。
裕美と出会うまでは、こんな付き合いしかしてこなかったので・・・・・・稔にとっても“初恋”なんですよね。
裕美と出会ってから、“お付き合い”の意識が変わった稔の言動をお楽しみに! (#^.^#)

これからもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

| さんくす♪・感謝! | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://junmamiya.blog44.fc2.com/tb.php/351-4bd34a18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。